作品概要

無原罪の御宿り》は、画家のエル・グレコによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

激しい感情表現

マニエリスム期の寓意的表現とは正反対に、画家の感情が直接、タッチや構図で表現された絵画も登場。16世紀スペインを代表するマニエリストのエル・グレコは自然の客観的な再現よりも主観的な美しさ、優美さを求めた。長く引き伸ばされ、ねじれたプロポーション、独特の歪みによってゆらめいているような場面、激しいタッチ。この早すぎた表現主義ともいうべき、観る者の感情に直接訴えるかけるような表現は、当時は受け入れられなかった。マニエリスムの表現は、前時代の表現への反発やエスカレート、踏襲など、色々なリアクションから生まれたので統一性がないのが特徴である。

《無原罪の御宿り》の基本情報

  • 制作者:エル・グレコ
  • 作品名:無原罪の御宿り
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部