作品概要

病めるバッカス》は、画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオによって描かれた作品。制作年は1593?年から1593?年で、ボルゲーゼ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《病めるバッカス》は、「病める若いバッカス」としても知られており、カラヴァッジオの自画像としても知られている。

本作品は、1592年半ばにミラノからやってきたカラヴァッジオにとって、ローマ時代初期の作品。作品が描かれた時期は明らかになっていないが、1593年から94年の間だと推測されており、この頃にカラヴァッジオは病気にかかっており、6ヶ月に渡って入院している。《病めるバッカス》はその姿を描いたと考えられており、黒ずんだ不健康な姿が印象的な作品だ。

この病気は、伝染病の一種と考えられており、マラリアに関連した病気の可能性が高い。実際に作品では、皮膚と目に黄疸が出現しており、肝疾患の兆候を示している。彼はその頃、ジュゼッペ・チェーザリの工房から解雇された頃であったが、本作のように写実的な作品を次々と公開して、名声を高めている最中であった。

本作で描かれている少年と静物の構図は、《果物籠を持つ少年》や《トカゲに噛まれた少年》を彷彿とさせる。

《病めるバッカス》の基本情報

  • 画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
  • 作品名病めるバッカス
  • 制作年1593?年-1594?年
  • 製作国不明
  • 所蔵ボルゲーゼ美術館 (イタリア)
  • 種類油彩
  • 高さ67cm
  • 横幅53cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者