作品概要

エウロパの掠奪》は、画家のティツィアーノ・ヴェチェッリオによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詩想画(ポエジア)

ティツィアーノは、その生涯の間に作品の表現方法や情感を何度か変化させている。フェラーラのアルフォンソ・デステ公の書斎のために描かれたバッカスとアリアドネなどの絵画は概ね陽気である種の若い情熱に満ちているが、、1550年代になると、スペイン王フィリペ2世のもとで働くようになる。1553年から彼は7枚の神話がに着手する。このシリーズの題材はどれも過ちを犯してしまう人間というものの弱さを扱ったかなり複雑な作品である。ティツィアーノはこれらの作品をポエジア(詩想画)と呼んだ。

主題

この絵の主題は古代神話「エウロパの掠奪」に基づいていて、恋の虜にとなったユピテルが白い牡牛身を変えてフェニキア王女エウロパをさらう場面である。ポエジアの最後の一枚となったこの作品で、ティツィアーノは強い対角線を軸として絵を構成し、エウロパがさらわれた荒々しい瞬間を描いている。ポエジアは主題もバッカナールとは大きく異なるが、表現方法も本質的に異なっている。バッカスとアリアドネなどの絵がある意味明確な描き方を基盤としているのに対し、ポエジアはかなり大まかな筆致で描かれているのが特徴である。本作はティツィアーノの絵画が重要な発展を遂げたことを示すもので、ヴェネツィア絵画の感情表現の幅だけでなく、そうした感情を伝えられるような実際の技術の幅も広げたのである。

《エウロパの掠奪》の基本情報

  • 制作者:ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
  • 作品名:エウロパの掠奪
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部