作品概要

羊飼いの礼拝》は、画家のジョルジョーネによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

ジョルジョニスムの降誕図

本作はダヴィンチ・ミケランジェロ・ラファエロの三大巨匠が活躍した世紀ルネサンスにおけるキリスト降誕図の最も素晴らしい描写の一つを評される。ヴェネツィア流の黄金の光を帯びた空と広々とした雄大な牧歌的雰囲気がこの降誕図の特徴である。 聖家族が暗い洞窟の入り口で羊飼いを迎えている。皆が光の中に描かれているのは、幼児キリストがこの世に光をもたらしたからである。聖母マリアのまばゆく波打つ衣は、伝統に従って青と赤で描かれていて、青は神聖さを、赤はマリアの人間性を表している。

《羊飼いの礼拝》の基本情報

  • 制作者:ジョルジョーネ
  • 作品名:羊飼いの礼拝
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部