作品概要

誹謗》は、画家のサンドロ・ボッティチェリによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

「黄金時代」幕開け

ボッティチェルリはフィレンツェに生まれ、巨匠フィリッポ・リッピの弟子となった。後に、コジモ・デ・メディチの孫である、かの有名なロレンツォ「豪華王」と親しくなる。ボッティチェルリはロレンツォから依頼を受けた重要な画家の一人となり、芸術家の伝記を著したジョルジョ・ヴァサーリが後に「黄金時代」と呼んだ時代の幕開けを告げた。

主題

世俗の物語を描いたものとしては、現存するボッティチェルリ最後の作品である。古代ギリシアの著述家ルキアノスによる、古代ギリシアの画家アベレスの絵についての記述に基づいている。アペレスの絵は、別の画家から、王に対する陰謀に関わっていると非難されたのに答えて描かれたものであった。アペレスは寓意画を描いて自ら復讐を遂げたという。

寓意

画面左にはロバの耳をした王様が、画面左側から入ってきた美しい「誹謗」を歓迎している。王様の両側にいるのは、「無知」と「猜疑」を表しているようだ。

《誹謗》の基本情報

  • 制作者:サンドロ・ボッティチェリ
  • 作品名:誹謗
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部