作品概要

インドレンス城の噴水》は、画家のウィリアム・ターナーによって描かれた作品。制作年は1834年から1834年で、ビーバーブルック・アートギャラリーに所蔵されている。

ウィリアム・ターナーによる「インドレンス、怠惰の噴水」は、1834年に発表されたもので、現在はカナダのビーバーブルックアートギャラリーに収蔵されている。

本作は、ジェームズ・トムソンによる詩のカント1に謳われた場面を描いている。1748年、トムソンはインドレンス城を次のように評していると、19世紀の百科事典であるナッタール百科事典に記載されている。「人々は、煌びやかな生活の喜びの中に生き、心身ともに無気力を感じさせる場所である。」

そして、「こんな風に、泉の水は彼らに降り注ぐ。広場の中央に水しぶきが吹き上げ、水のベッド戻っていく。そして再び、霧雨の中に霧散する。喉が渇けばいつでも潤すように、深い溝が掘られ、まるで麻薬のネペンテスのような泉である。ダン・ホーマーが示したように、とてつもない快楽が、そこにはある。下劣な行為に対する甘美なる忘却があり、ますます思考は面白おかしいものとなり、ますます夢のように私達をとりこむ。」

本作は、想像に基づく風景画であり、実際の風景を元にしたものではない。発表は、第66回ロイヤル・アカデミー展示会におけるものであるが、実はこの絵の来歴は、1882年までよく知られておらず、本作は1958年までバーデービット氏とその家族により保管されることになった。本作は、1907年にメトロポリタンミュージアムで開催されたイギリス絵画展での展示のために貸与されているが、主な記録はその程度である。その後、1958年にビーバーブルック提督がビーバーブルック・アート・ギャラリーの目玉として本作品を要したことから、当該美術館に収蔵されることとなったのである。

《インドレンス城の噴水》の基本情報

  • 制作者:ウィリアム・ターナー
  • 作品名:インドレンス城の噴水
  • 制作年:1834年-1834年
  • 製作国:イギリス
  • 所蔵:ビーバーブルック・アートギャラリー (カナダ)
  • 種類:油絵
  • 高さ:106.5cm
  • 横幅:166.4cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部