作品概要

果物籠とレモンのある静物》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1880年から1880年で、ラングマット美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

本作は、ゴーギャンの作品の中でも最も重要性のある作品である。ゴーギャンが株主としてフルタイムで働き画家業を副業としていた時期のものであるが自然なタッチと画家としての手腕が見てとれる。

クロード・モネ、ピサロ、ルノワールを含むゴーギャンの初期の先輩たちの影響を受け、印象派のスタンダート的な作品として仕上がっている。

テーブルクロスの特殊な描き方は、ポール・セザンヌの影響を強く受けている。セザンヌは、自身の静物を扱う作品で、この作品と同じような輪郭と影で特殊な効果を出す描き方をしている。明るい色を使うことで、後期印象派の兆しも見える作品である。

《果物籠とレモンのある静物》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名果物籠とレモンのある静物
  • 制作年1880年-1880年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ラングマット美術館 (スイス)
  • 種類不明
  • 高さ43cm
  • 横幅58cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者