作品概要

ヴォジラールの野菜栽培》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1879年から1879年で、スミス・カレッジ・アート美術館に所蔵されている。

初期印象派としての本作品は、パリ左岸の地域、当時のパリ郊外に当たるヴォジラールの建造物と周辺の田園地帯を描いている。

1870年後半、ゴーギャンは家族とともにこの地域に定住していた。彼は、前景に煙突と屋根を描くことによって、自分自身の存在をほのめかしている。この建物はおそらくゴーギャンの家であろう。

主題に郊外の田園地帯を選ぶところ、また短く対角線上に描く筆法から、当時彼が崇拝していた人物カミーユ・ピサロから影響を受けていることが明らかである。また、継ぎはぎのような描き方はポール・セザンヌの影響が見てとれる。

彼のパレットは、緑と青を始めとして赤色のタッチも散りばめられていた。ゴーギャンは、1879年・1880年・1881の夏に、彼の助言者であるピサロと一緒にパリ郊外のポントワーズで絵を製作している。

この絵は、1880年の第5回印象派展に出展した8作品の中の1作品であり、彼の印象派画家としてのデビュー作となった。この絵はゴーギャンがやり手の投資家だった時代を象徴しており、この時代は画業は彼にとって副業にすぎなかった。

この作品から分かるように画家としてのキャリアの最初の頃は、他の印象派画家たちとシェアする形で自然派芸術と言えるものであった。

この後1886年、彼はブルターニュ地方のポン・タヴァンに移り住み、本格的に絵の仕事に没頭することになる。そこで後のタヒチ島での滞在へと導くサンテティスム(総合主義)の世界を確立していくことになる。

《ヴォジラールの野菜栽培》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:ヴォジラールの野菜栽培
  • 制作年:1879年-1879年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:スミス・カレッジ・アート美術館 (アメリカ)
  • 種類:不明
  • 高さ:66cm
  • 横幅:100cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部