作品概要

机の上の果物と犬》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年。

詳細な画像を見る

「机の上の果物と犬」は、フランスの美術家ポール・ゴーギャンによっておそらくは1889年に描かれたであろうと推測されている静物画である。これは1970年7月にロンドンのプライベートコレクションから盗まれた2つの作品のうちの1つであり、2014年に取り戻された。現在では、3000万ドルの価値がある。

この絵では、前景に木のテーブルの上の2つのボウルの中に鮮やかな色の葡萄、林檎、その他のフルーツがのっている様子と、背景に床の上で寝ている小さい犬が描かれている。「N伯爵夫人へ」と書かれ、サインがされている。前部分に「89」の数字が書かれ、1889年に書かれたことを示している。大きさは46.5センチに53センチで、盗まれた時に切られたせいでゴーギャンが作成した時に比べて少しだけ小さい。

この絵画は、ピエール・ボナルドの「2つの肘掛け椅子と女」とともに1970年6月6日、リージェント公園のアパルトマンから盗み出された。そこは、小口金融チェーン「マーク&スペンサー」の創始者ミカエル・マークスの娘マチルダ・マークスとその夫マーク・ケネディの家であった。

マスコミはその家の家政婦が3人の男つまり1人は警察にあとの2人は強盗アラームのエンジニアに扮した男たちに騙されたと主張した。男たちは彼女にアラーム点検をすると言い、彼女がお茶を作っている間に額縁を外したという。

強盗の後、絵はフランスへと密輸され、パリ-トリノ間列車に乗せられたと思われた。絵は、おそらくは国境整備やコントロールのため列車内へ残され、トリノの鉄道員によって発見され遺失物管理所へ届けられた。彼らは何も世間に公表することなくこの絵は1975年にオークションに出品され、ファイアット自動車会社の工場労働者が少額のお金でこの身元不明の絵を買い取った。

2014年の美術専門家の査定まで、この工場労働者のキッチンに置いてあった。1度発見されると、カラビニエリ二よって管理され保護後見に置かれた。イタリアの法によって、工場労働者が良い取引によって購入したことを証明できれば、彼はそのまま保持する権利を持ち、2014年12月に彼はローマ法廷においてこの画の保有者である事を認められた。

《机の上の果物と犬》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名机の上の果物と犬
  • 制作年1889年-1889年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ46.5cm
  • 横幅53cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者