作品概要

アリイ・マタモエ王の死》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1892年から1892年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

『アリイ・マタモエ王の死』(またの名は『貴族の最期』)はフランスの画家ポール・ゴーギャンがタヒチ島に滞在していた1892年にて創作された油絵作品である。この作品は現在アメリカ・カリフォルニアにあるJ・ポール・ゲティ美術館にて所蔵されている。

この作品にはクッションに置かれた男性の切断された頭部が描かれており、その周りには会葬者達が集まっている。この絵に描かれている儀式の光景は、タヒチの従来なる葬儀とは異なっている。恐らくゴーギャンは1891年、彼が島へ着陸した直後に起きたポマレ5世の他界からインスピレーションを受けたのであろう。

ゴーギャンは『アリイ・マタモエ王の死』を創作するにあたって、彼が想像している素朴でエキゾチックなタヒチの宮殿を表現するため、ラフで黄麻布のような布をキャンバス生地に使用している。また、ゴーギャンは紫色からビビッドピンクまで様々な色彩を使い、タヒチ島のトロピカルな光景を作品にて再現することができた。

絵に描かれている切断された頭部は低い机あるいは大きな皿に載せられている。頭部を載せる容器には少しだけ血が付いており、何が起きたのかについて観客にヒントを与えている。部屋のインテリアにはティキのような形と幾何学模様が溢れている。

ゴーギャンは東方と西方の影響を自由に作品内で混ぜており、そうすることによって豊かなシンボリックメランジを作成している。ゴーギャンを研究するエリザベス・チャイルズの学説によると、ゴーギャンのこのような作品での創作方法は自分をパリジャンの芸術市場で証明することに興味を持っている証拠となっている。

《アリイ・マタモエ王の死》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:アリイ・マタモエ王の死
  • 制作年:1892年-1892年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類:油彩
  • 高さ:45.1cm
  • 横幅:74.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部