作品概要

崖の上のフラジェレ演奏者》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《崖の上のフラジェレ演奏者》は、フランスの画家ポール・ゴーギャンが、1889年にて作成した油絵作品である。この作品は現在アメリカのインディアナポリスにあるインディアナポリス美術館にて所蔵されている。

作品のモデル

この作品には、崖道の上に居座りながら大西洋を見下ろす、ブルターニュ人の男女2人が描かれている。この作品に描かれている景色は、ブリターニュ地方のクロアール=カルノアという名の離れた村の物である。

1889年、ゴーギャンはその土地を訪問し、目に写ったその劇的な景色に心を奪われ、ポン=タヴァン派の綜合主義という手法を使い、この作品を創作した。

視点と愛着

《崖の上のフラジェレ演奏者》は、ブルターニュ地方の険しい海岸を、目まぐるしい天上からの視点で描いたパノラマビューの作品である。絵の右下にある黄色いパッチは小麦畑であり、細い崖道の上には男女二人が座っている。

2人の内、女性の方は小麦を収穫するための鎌を持っており、男性の方はその地域の伝統的なフルートであるフラジェレを演奏している。これらの象徴、鎌そしてフルートはゴーギャンがブルターニュの平和な日常生活に対する深き愛着を表している。

この独特な視点と、鮮やかな色のパッチワークによって、この作品は、どことなく視覚的に刺激な絵として仕上げられている。だが、この作品に描かれている風景は現実のシーンを正確に再現した物ではない。波のパターンは写真と近いものであるが、実際の砂はゴーギャンが書いたバラ色ではなく、黄色い物であった。

《崖の上のフラジェレ演奏者》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名崖の上のフラジェレ演奏者
  • 制作年1889年-1889年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ70.96cm
  • 横幅91.28cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者