作品概要

二人のタヒチ女》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1899年から1899年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《2人のタヒチ女》はフランスの画家、ポール・ゴーギャンが1899年、タヒチ島にて作成した油絵作品である。

現在

現在この作品は、アメリカのニューヨークにあるメトロポリタン美術館にて永久展示品として所蔵されている。元メトロポリタン美術館館長であるウィリアム・チャーチ・オズボーンが1949年にこの作品をメトロポリタン美術館に寄付した。

タヒチ女性と伝統

《2人のタヒチ女》には、上半身が裸であるタヒチ島の女性が2人描かれており、その内の1人は、マンゴーの花が乗ったプレートを手に持っている。その隣にいるもう一人の女性も、花を手に持っている。

登場人物である2人の女性はゴーギャンの他の2作品、《タヒチ牧歌》(1898)と《果物収穫》(1899)内でもモデルとして描かれている。

タヒチ島は純潔なパラダイスとして言い伝えられているが、この絵に描かれている2人の女性は観客に、同じくフランスの画家であるエドゥアール・マネの代表作《草上の昼食》または《オランピア》を連想させる。その上、昔から芸術的表現として花や果実を女性の胸と比べ、例える伝統は存在していた。

作品の危機

この作品はワシントンDCの「ナショナル・ギャラリー・オブ・アート」にて展示されていた最中に破壊されかけたことがある。

2011の4月1日、スーザン・バーンズと言う名の女性が作品のプラスチックガバーを強打した。プレキシガラスの守りにより、作品自体は無傷で済んだが、犯行者の女性は美術館のガードにすぐ拘束された。その後、彼女は美術品の破壊および盗難の疑いがあると美術館に起訴された。

《二人のタヒチ女》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名二人のタヒチ女
  • 制作年1899年-1899年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ94cm
  • 横幅72cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者