作品概要

テハマナの祖先》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1893年から1893年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《テハマナの祖先》はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1893年にて作成した油絵作品である。現在、この作品はアメリカのシカゴ美術館にて所蔵されている。

ゴーギャンとテハマナ

《テハマナの祖先》は、ゴーギャンが初めてタヒチ島へ向かった頃に描いた肖像画であり、モデルとして描かれている女性はゴーギャンの現地妻の「テハマナ」である。ゴーギャンと彼女の結婚はテハマナの年齢と2人が結婚するにかけた時間のせいで、常に人々の争論を引き起こしてきた。

彼らは出会いから結婚するまでの期間が極めて短かった上、テハマナがゴーギャンの妻となった年は彼女がたった13歳の頃であったと言われている。しかし、結婚後ゴーギャンはテハマナを作品のモデルとして頻繁に起用していた。あの著名なる作品、《マナオ・トゥパパウ(死霊が見ている)》もテハマナがポーズをとって、モデルをやっていたと言われている。

また、この作品はゴーギャンが送別礼として描き上げた肖像画であるという説も存在する。絵の中のテハマナは教会へ礼拝しに行くときに着る、彼女が持つ服内の最高級の物を身に纏い、手には美しさのシンボルと称されていた飾られたファンを持っている。

作品のモデル

後にこの作品は、とても低い値段でオークションにて取引されるが、ゴーギャンは、それをプレゼントとして他人に送った。《テハマナの祖先》はゴーギャンにとって感傷的な価値が存在していたと思われる。

後に発見されたゴーギャンが描いたテハマナのスケッチからして、この作品は直接モデルを模写しているものでなく、そのスケッチを参考にして作成されたものではないかという可能性も存在している。

《テハマナの祖先》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名テハマナの祖先
  • 制作年1893年-1893年
  • 製作国フランス
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ76.5cm
  • 横幅54.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者