作品概要

アルルのコテージ》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アルルのコテージ》は、フランスの画家ポール・ゴーギャンが1888年にて制作した油絵作品である。

1944年の2月、アメリカ人のジュリアン・ボブスは亡くなった夫を記念するため、この作品を購入し、インディアナポリスにあるヘロン・スクール・オブ・アート・アンド・デザインに絵を寄付した。この作品は現在アメリカインディアナポリスのインディアナポリス美術館にて所蔵されている。

ゴーギャンとゴッホ

《アルルのコテージ》に描かれている一幕は、フランス・プロヴァンスのアルルに広がる田舎の風景である。この作品はゴーギャンがアルルでヴィンセント・ヴァン・ゴッホと共に生活し、創作に励んでいた短い二ヶ月間内にて作成された作品となっている。

彼らのパートナーシップは嵐のような争いの末短く終わり、後にゴーギャンが作成する作品にはあまり影響を与えてはいない。しかし、この二ヶ月の間、彼らの創作ペースはとても効率的であり、この作品はゴーギャンが最初に完成した作品である。

セザンヌの影響

この作品に描かれているのは、アルル地方の典型的な風景であり、「マス」と呼ばれる伝統的な農家と、その地域特有のヒノキの木が描かれている。そして、絵の真ん中辺りに描かれている干し草の山は作物の収穫時であることを示している。

ゴーギャンがこの主題を選んだ際は、彼の崇拝する同じくフランスの画家であるポール・セザンヌに大きく影響されていた。ゴーギャンはセザンヌの手法を参考とし、幾何学的な形状に重点を置いて、作品を描き上げた。絵の中に細かく配置されたブラシストロークは、干し草と農家を囲い、ゴーギャンなりの秩序ある環境を、図上にて作り出している。

《アルルのコテージ》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名アルルのコテージ
  • 制作年1888年-1888年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ91.5cm
  • 横幅72.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者