作品概要

黄色いキリスト》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、オルブライト=ノックス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『黄色いキリスト』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1889年、フランスブルターニュのポン=タヴァンにて作成した油絵作品である。『黄色いキリスト』は、ゴーギャンが描いたもう一枚の絵、『緑のキリスト』と共に象徴主義の代表的な作品として名を上げられている。この作品は現在、アメリカバッファローのオルブライト=ノックス美術館にて所蔵されている。

『黄色いキリスト』はゴーギャンの代表的一枚であり、19世紀北フランスの状況を絵にした作品である。この作品には、黄色い木造のキリストはりつけ像の周りに集まっているブルターニュの女性達がお祈りをしている様子が描かれている。『黄色いキリスト』にて描かれているキリストはりつけ像のモデルはポン=タヴァンの近くにあるトレモロ教会に飾られている7世紀製の木造キリスト像がモデルであると言い伝えられている。

『黄色いキリスト』の創作にあたり、ゴーギャンは従来に使っている印象派の手法を捨て、新たなるシンセシスの理論を試してみた。彼はこの作品にて太い線を多いに使い、図上の人物達の輪郭を明確に仕上げている。そして、祈りをする女性達にのみ陰影を付け、存在をハイライトしようとしている。背景に至ってはスクランブルの手法を使い空間の遠近を表していると同時に、秋をモチーフする黄色、赤、そして緑の色彩達を使用し、メインとなる黄色いキリスト像とお互いに共感するように描き上げた。この作品にて使用されている太く描かれた輪郭や平坦に描かれたフォームは皆クロワゾニスムの典型的な表現方法である。

《黄色いキリスト》の基本情報

  • 画家ポール・ゴーギャン
  • 作品名黄色いキリスト
  • 制作年1889年-1889年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルブライト=ノックス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ91.1cm
  • 横幅73.4cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者