作品概要

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は1897年から1897年で、ボストン美術館に所蔵されている。

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』はフランスの画家ポール・ゴーギャンが1897年、タヒチ島にて作成した油絵作品である。当作品のフランス名は実際絵の左上に書かれている。作者が最初に付けた名前に疑問符などの記号は付けれていなく、全ての文字は大文字で書かれてある。

現在この作品はアメリカボストンのボストン美術館にて所蔵されている。

ゴーギャンは十一歳から十六歳の頃、オルレアンのすぐ郊外にあるドゥラシャペルサンメスミンのプチ・セミナールに通っていた。講義の中にはカトリックの典礼に関わるクラスもあり、ゴーギャンは教師であるオルレアンの主教から従業を受ける。そこ頃、ゴーギャンはカテキズムの基礎となる3つの質問について学んだ。

その3つの質問は「人類はどこから来ている?」、「人類はどこへ行くのか?」及び「人類はどのように進歩するか?」である。後々、ゴーギャンは声高に教権を反対するのだが、この質問達は紛れもなく彼の心に深い印象を与えていた。ゴーギャンは「どこ?」という問いに注目を置き、自分の作品を描き上げた。

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』には右から左へと順に、3つの質問に関する答えが隠されている。一番右側に描かれている三人の女性と子供は生命の始めを意味しており、真ん中の人たちは人間の若い成人期を象徴している。

最後に、絵の左側に描かれている年配の女性は人生の終わりを意味している。そして、ゴーギャンの話によると、背景に描かれている青い偶像の彫刻は人々の生命を超える何かの存在を象徴している。

《われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか
  • 制作年:1897年-1898年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ボストン美術館 (アメリカ)
  • 種類:油彩
  • 高さ:139cm
  • 横幅:375cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部