作品概要

厩で喧嘩するアラブの馬》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

ジェリコーは、ドラクロワに馬の素晴らしさを吹き込んだ。

馬は、ロマンス主義の絵画では象徴的な動物である。しかし、彼の馬への愛は、モロッコでなければ完全に満足させられなかった。それ以後、彼が旅行中に目にして描いたアラブの馬は、レパートリーのようなものを構成するようになった。

作品の場面

彼の晩年の作品の一つ、《厩で喧嘩するアラブの馬》に関しては、彼がタンジールで目撃したシーンを描いたものである。モルネーとイギリス総領事の馬たちが喧嘩をしている。

技法

この絵画のために、解剖学的な勉強をした形跡はない。またしても、ここで彼が描いているのは戦いの激情である。動物たちのパワーとエネルギー、この効果は光と影の強いコントラストにより、強調されている。

《厩で喧嘩するアラブの馬》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名厩で喧嘩するアラブの馬
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者