作品概要

大蛇の神ピュトンに打ち勝つアポロン》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

制作に至る時代背景

《大蛇の神ピュトンに打ち勝つアポロン》は、ルーブル美術館のアポロンの間の天井を飾っている。ドラクロワの真骨頂は、1850年に受けた依頼まで温存されていたと言っても、過言ではない。ドラクロワの人生で、最も重要な絵画の制作を受注した。

国会議事堂やブルボン宮殿の書庫の装飾、そしてパリ市庁舎の記念すべき平和の間の装飾などの仕事も抱えながらの受注であった。これらの仕事は、ルーブル美術館のアポロンの間の天井画の制作に引けを取らない、とても大切なものであった。

火事とフランス革命

火事の後と、ル・ヴォーはこの歴史的な美術館をルイ14世のために再建し、装飾はシャルル・ル・ブランに一任されていた。そして、1678年にルイ14世はパリを後にしてベルサイユに移り、作業は終了した。

1791年にフランス革命が起こり、ルーブルは美術館となった。第二共和政府は、装飾の完成を政府の義務とみなした。

革命後のドラクロワ

ル・ブランは、太陽王の大切にしている主題を選ぼうと意図していた。それが戦車に跨るアポロンである。ドラクロワにとっては、ルーブル美術館の心臓とも言える部分に名を残せるということは、感激的な好機であった。

しかも、それを絵画を納めるのではなく、天井の中心を装飾することで行えるというのは、さらに感激的であった。作業にかかる前に、彼はベルギーのルーベンスの作品を勉強す必要があると感じた。

《大蛇の神ピュトンに打ち勝つアポロン》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名大蛇の神ピュトンに打ち勝つアポロン
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者