作品概要

タイユブルの戦い》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

制作の背景

ルイ・フィリップが、ベルサイユにある、フランス歴史博物館を建てたときに、ドラクロワは2つの作品を受注した。《タイユブルの戦い》と、《十字軍のコンスタンティノープルへの入城》である。

これらの大作のために、ドラクロワは自分のスタジオを持ち、アシスタントを教育する必要があった。今回は、評論家たちの心を完全につかんだ。

ルイ9世が、白いデリングドゥの軍馬に乗り、タイユブルの橋で、イギリスの防衛軍を追い詰める様子と、有名な1204年のコンスタンティノープルの攻略は、ウォータールーでの酷い敗戦の後、人々を慰めた。

技法

それでいて尚、これらの絵画の中でもドラクロワの手法は、変わらない。ここでもまた、事の物語が一つのシーンに含みを持たせて描かれている。

そして、戦争の起こす大惨事、勝利軍に連れて行かれる女性たちを描いている。

メッセージ

詳細に丁寧に事実を調べ、鎧や軍旗なども史実に基づいて描かれているが、ドラクロワの最終目的は、出来事の説明をすることではなく、見る人にその後の悲しい結末を感じてもらうことなのである。

これらの「重機」を描いた作品の根底にある発想は、《ダンテの小舟》や《サルダナパールの死》のそれと同じく、個人的で感動的なものである。

《タイユブルの戦い》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名タイユブルの戦い
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者