作品概要

トレジャンの正義》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

《ダンテの小舟》の制作から十数年後、ドラクロワは再び『神曲』にその発想の元と求めた。《トレジャンの正義》の主題は、『神曲』の煉獄編第10歌からの引用である。

構成

このとても大きな作品は、全体的に古典的なリズムが込められている。それが集団を形成させ、塊の配置を決めている。構成のバランスは、プッサンの《無実の民の虐殺》に似ていなくはない。

しかし、ベネチア人たちもドラクロワが構成を決める一因となった。そして、壮大な背景の建物はヴェロネーゼを彷彿とさせる。

ベネチア風表現

また、空に微かにきらめく光の表現方法も、ベネチア風である。全体のシーンの悲劇と完璧に合致する手前の描写のトーンの陰鬱さとコントラストになっている。

馬に乗ったトレジャンと、彼の前に跪いて死んだ息子のための復讐を要求する女性の、見事な描写の中に、ドラクロワは類稀なる表現力で、迸る動きを永遠に固定するようにとらえた。

《トレジャンの正義》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名トレジャンの正義
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者