作品概要

ガリラヤ湖でのキリスト》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

ドラクロワは、1853から54年の間、この主題に数回取り組んだ。そして、この一連の作品集は、2つに分けられる。漕ぎ船の描かれたものと、帆船の描かれたものである。バルティモアに所蔵されているものは、後者に属する。

制作の背景

1854年5月29日に、「『ガリラヤ湖でのキリスト』の作業を少しした。雄大さと光の印象。」と手記に記したときに、作者自身がこの作品にとって、海の描写がどれほど大切かということを暗に示していたことは、明白である。

この作品にとって、海の描写はとても大切である。ここに、ドラクロワが1851年、1852年と1854年にディエップの海岸を訪れた時に、行った観察の成果を見ることができる。

作品の評価

1881年6月27日の新聞・Le Moniteur universelには以下のように記されている。

「ルーベンスのようで、ベラスケスのようでもある。ほかの巨匠と称される画家たちと同じように、ウジェーヌ・ドラクロワは、新しいジャンルに挑戦するといつも、その専門家たちよりも秀でてしまう。この嵐の中のキリストは、フランスの流派の中で、最も素晴らしい海の描写であると言えるであろう。」

宗教性

しかしこの事実にとらわれて、この作品の深い宗教性を見過ごしてはいけない。神秘的な光を浴びて、眠るキリストの穏やかな表情は、猛威を振るう制御不能な暴風雨や他のものの不安とは対極にある。

《ガリラヤ湖でのキリスト》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名ガリラヤ湖でのキリスト
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者