作品概要

庭園での苦しみ》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

作品の構成

《庭園での苦しみ》では、「キリストが天使たちを押しのける」という発想が、伝統的な聖像学を一新させている。さらには、天使たち自身も、迫りくるキリストの苦難み怯えている。

そして、左側には眠っている使徒たちが見切れていて、影にはキリストを逮捕しようと兵隊たちが準備している。この全てが斬新である。

この率直で直接的な扱いが、数多くある教会の絵画と一線を画している。

時代背景

当時の画廊に並ぶ宗教絵画のほとんどは、復古王政のもとにパリ県に注文された教会絵画であった。

しかし、その斬新なアプローチにも関わらず、《庭園での苦しみ》は、伝統的で感動的な評価を受けた。それは当時人気のあったムリージョの作品にもひけをとらなかった。特に天使たちが人々と評論家の注目を集めた。

論評

影響力の強い雑誌Globeのジャーナリスト、ルイ・ヴィテはこう語る。

「少し不適切な表現も見受けられるが、絵画を通して描き手の性格が見えるものである。想像力の豊かさに予想外の独創性。主キリストに、彼の悲しい行く末を告げに来た3人の天使たちの、張り詰めた、苦し気な表情は、とてもチャーミングなアイデアで、全く新しい発想である。

この3人の姿に、表現しきれない詩の世界を感じる。本当に素晴らしい。ドラクロワ氏の何が特別に独創的なのか。何がこの使い古されたお題を一新したのか。

それは、イタリア人の画家たちほど、天使たちの姿を南フランス人的な見た目にしなかったこと、そして、フラマン人の画家たちほど、天使たちの姿を重厚で壮大にしなかったこと、この2点を両立させたのが原因であろう。この3人の姿はまるでオシアンの『英雄詩』から飛び出してきたようで、総じて神々しい。

この試みによって、ドラクロワ氏はその才能を、醜く変わったものを描くためだけに使っているわけではないと、証明したのである。間違いなく、芸術を支える柱となるであろう彼に、芸術の名の元に、感謝の気持ちを贈りたい。」

《庭園での苦しみ》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名庭園での苦しみ
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者