作品概要

シュミーズ姿の少女》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1905年から1905年で、テート美術館に所蔵されている。

マデリーンとは誰か?これは『シュミーズの女』のモデルである。この女性はいったい誰なのか。考えてみれば奇妙である。20世紀の最も有名な絵画のひとつであるにもかかわらず、そのモデルについて我々が知っていることは本当に数えるほどなのだ。

私たちが彼女について知っていることは、彼女がピカソの愛人であったこと、また彼らの短い交際期間の中で彼女は中絶をしたことである。彼女は、ピカソの新しい女であるフェルナンド・オリヴィエにとってかわられ、彼らの交際は1912年まで続く。マデリーンは消失し、その後の経歴はわかっていない。彼女は現在から消え、過去へと逃げて言ったのだ。私は彼女に何があったのか不思議に思う。彼女は結婚したか、子供は得たのか?そしてピカソの輝かしい成功をいったいどのように考えていたのか?幾つも疑問はあるが、そこに答えはない。我々が知っているのは、彼女がピカソの新しい画風の先触れをあらわしていたことだ。

この作品が『青の時代』から『ばら色の時代』へのまさに過渡期の作品である。青の色調が表面に上塗りされたピンク色と混じっている作品なのである。これこそが、見事なまでの簡潔さである。

この薄い青は、女性から冷淡さを取り除き、官能さを主題に与えている。これは『青の時代』の作品群が性的な情熱を描くものでは消してなかったことからすると、大きな変化であり、ピカソの新たな時代の幕開けを予感させる。

《シュミーズ姿の少女》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:シュミーズ姿の少女
  • 制作年:1905年-1905年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:テート美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:72.7cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部