作品概要

棺架に横たわる聖ボナヴェントゥーラ》は、画家のフランシスコ・デ・スルバランによって描かれた作品。制作年は1629年から1629年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

『棺架に横たわる聖ボナヴェントゥーラ』は、聖ボナヴェントゥーラの生涯にまつわる六場面を描くというシリーズの最後を飾るエピソードである。依頼を受けてから完成するまでの期間が短い契約であったにも関わらず、スルバランは、見事に組織された工房のおかげでこの作品を完成させたという。

聖ボナヴェントゥーラは1274年のリヨン第二公会議中に列席中に突然死去した。スルバランのこの作品は、葬儀の場面ではなく、納棺前の聖人の遺骸を、公会議のメンバーやフランシスコ会の会員や世俗の高位者たちが取り巻き、死を悼んでいる場面である。

そのため、この作品は深い悲しみの描写なのである。そればかりではなく、この作品は数少ないスペイン絵画における集団肖像画の1枚である。その素晴らしさにおいて、同じジャンルの2作品、エル・グレコの『オルガス伯の埋葬』(1586)、ベラスケスの『ブレダ開城』(1634)に挑戦する作品ともいえる。

事実、ここにはエル・グレコに類似した点がいくつか見られる。それはいずれの作品も奥が浅く、フリーズしているような人物配置で、しかも画面を斜めに走る人物像の周りに集められているという点である。

また、非常に色彩の鮮やかな装飾模様の部分と黒色の部分がコントラストをなし、それが狭い空間のうちに、様々な深さの面を作り出していることもそうだろう。エル・グレコとの類似性は、偶然とはいえ、スルバランが16世紀末の構図原理を好んで用いるという点を明らかにしているのである。

《棺架に横たわる聖ボナヴェントゥーラ》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・スルバラン
  • 作品名:棺架に横たわる聖ボナヴェントゥーラ
  • 制作年:1629年-1630年
  • 製作国:スペイン
  • 所蔵:ルーブル美術館 (フランス)
  • 種類:カンヴァス、油彩
  • 高さ:250cm
  • 横幅:222cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部