作品概要

ベルヴェデーレの聖母》は、画家のラファエロ・サンティによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

この作品はラファエロがフィレンツェにいた時代に描かれた有名絵画です。作品全体が(1)幼児を温かい視線で見つめる聖母マリア、(2)幼児イエス、(3)ヨハネの3人で構成されていて、マリアの赤と青のコントラストの効いた衣装は牧場という和やかな風景の中で一際目立ちます。

イエスとヨハネは、なんとなくイエスの方が立場が上のような雰囲気を見せていますが、実際にこれはラファエロが2人の師弟関係を絵画上で表現したものという解釈がなされています。

イエスとヨハネは聖書中でも師弟関係にありましたし。この作品は、当時(16世紀前半くらい)絶大な権力でヨーロッパを統治していたハプスブルク家に絶大に支持されたようで、現在もウィーンの美術館に所蔵されてます。とても美しく、清潔感があり、それでいて包容力を感じさせる作品ですね。

《ベルヴェデーレの聖母》の基本情報

  • 制作者:ラファエロ・サンティ
  • 作品名:ベルヴェデーレの聖母
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部