作品概要

晩鐘》は、画家のジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

さて、この絵画では、2人の人物が祈りをささげています。2人は農家だと思われますから、これは『収穫の祈り』でしょうか?実はそうではありません。

絵画の右上に注目してみてください。カラスの群れが描かれています。カラスは死をイメージし、ゴッホが自殺する前に描いた「カラスのいる麦畑」や、ゴーギャンが死を覚悟した時に描いた「ネヴァ・モア」にもカラスが描かれており、後に本人が友人に宛てた手紙でも説明していますが、これは『気の毒な死者たちのために』信仰を捧げている絵画なのです。

しかし、シュルレアリズムの画家サルバドール・ダリは、絵画の中の農夫と自身の姿を重ね合わせ、中央の籠の中には夫婦の子供の桶が入っているだとか、ここには抑制された男女の性欲が存在しているのだと述べ、「晩鐘」を主題にさまざまな作品を制作しました。

一見なんの変哲のない絵でも、妄想を膨らませることにより面白い解釈ができるのですね^^

《晩鐘》の基本情報

  • 制作者:ジャン=フランソワ・ミレー
  • 作品名:晩鐘
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部