作品概要

大公の聖母》は、画家のラファエロ・サンティによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

9歳の時に母親をなくしたラファエロを指す言葉として、「マザコン」ということが言われます。しかし、ただのマザコンであったならば、当時も、そして現在も彼の聖母子像が人々の心を捉えることはあったでしょうか。そう、彼はただのマザコンではなかったのです。

彼は、単に母親の面影を追ったのではなく、母親という存在が持っているものを哲学的に定義づけました。だからこそ万人に受け入れられる表情が描けたのではないかと思われます。

聖母マリアの慈愛に満ちた表情はさることながら、イエス・キリストの強い意志の宿ったその視線は、人々を導く先導者としての才覚を覗かせています。

余談ですが、この絵画は、トスカーナ大公であったハプスブルク家のフェルディナント3世が所蔵し、公務で出向する際はもちろん、私的な旅行のときでさえ、片時も手放すことはなかったというほど、この作品を賞賛していたことから、このように呼ばれるようになりました。

 

《大公の聖母》の基本情報

  • 制作者:ラファエロ・サンティ
  • 作品名:大公の聖母
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部