作品概要

叫び》は、画家のエドヴァルド・ムンクによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

“日本ではムンクの名と併せて「ムンクの『叫び』」と呼ばれることも多いこの作品。1893年に制作されました。

ムンクは同年に同じ題名、同じ構図による作品を描いており、全4点の『叫び』が存在します。幼少期に母親を亡くし、思春期に妹の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかった1890年代のムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作しました。

極度にデフォルメされた独特のタッチで描かれた人物、血のように赤く染まった、彼の母国ノルウェーのフィヨルドの夕景と不気味な形、赤い空に対比した暗い背景、遠近法を強調した秀逸な構図の作品ですが、この絵は、ムンクが感じた幻覚に基づいているそうです。彼は日記にそのときの体験を次のように記しています。

“私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた”

しばしば誤解されますが、この日記からも分かる通り、「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」のことなのです。絵の人物は、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいるのです。

 

《叫び》の基本情報

  • 制作者:エドヴァルド・ムンク
  • 作品名:叫び
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部