作品概要

散歩、日傘をさす女性》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1886年から1886年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

「散歩、日傘をさす女性」はモネの1886年の作品である。日傘をさし散歩する女性は、モネの作品の中で繰り返し登場するテーマであり、1886年に制作されたこの作品は、一連の傘と女性をモチーフにした作品群中でも最もよく知られたものとされている。

当時女性は肌や目を守るために屋外にでると日傘をさしていたため野外光景をモチーフにした作品の中では自然に現れるようであったが、日傘はモネの絵画の中で影と光のコントラストを象徴するものとして好んでえがかれたとみられる。

この作品の中で、モネは登場人物の表情や顔の作りには細かい表現をほどこすことはせず、傘が落とす影の中におぼろげに霞んで描かれている。傘をさす女性はモネの妻であり、一緒に歩くのはモネ夫妻の息子である。光と自然で伸び伸びとした筆使いにより、揺れ動く色彩を捉えて表現している。

また、足元で風にたなびく草と夫人のさす傘が落とす緑色の影の呼応、地面から見上げた視点で描かれた夫人が柔らかな雲が浮かぶ空を背景にして画面中央に位置する構図などが、効果的に作品の魅力を引き出している。夫妻の息子は後部に奥まって描かれ、絵全体の奥行をかもしだすことに成功している。

同作品は、かしこまった家族の肖像画としてではなく日常のリラックスした情景を100センチ×81センチのキャンバスに描いたものであり、1870年代にモネが描いたもので一番サイズが大きいものと確認されている。現在、ナショナルアートギャラリー所蔵。

《散歩、日傘をさす女性》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:散歩、日傘をさす女性
  • 制作年:1886年-1886年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ナショナル・ギャラリー
  • 種類:油彩
  • 高さ:100cm
  • 横幅:81cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部