作品概要

ティモテオスの肖像》は、画家のヤン・ファン・エイクによって描かれた作品。制作年は1432年から1432年で、ナショナルギャラリーに所蔵されている。

小さな木版に油彩で描かれており、「レアル・スーヴェニール」あるいは「男性の肖像」と呼ばれる。

モデルが誰なのかは明確になっていないが、独特の顔立ちから当時よく描かれていた理想的な架空の人物ではなく、実在の人物だと考えられている。控えめな顔つきと人を惑わせる洗練された表情は不釣り合いな印象を与えている。

肖像画には石を模した手すりのようなものが描かれ、その表面に三行の銘が記されている。

ファン・エイクはギリシャ語もラテン語も自由には操れなかったため、誤った使い方をしている。そのため、現代の学者による解読は二分している。一行目はギリシャ語で”TYΜ.ωΘΕΟC”と記されているように見え、これが何を指しているのかについては諸説あるが、「ティモテオスの肖像」という作品名の由来となっている。二行目はフランス語で”Leal Souvenir”と記され、描かれている男性の死後、哀悼の意を込めていることを示している。

三行目にはファン・エイクの署名と制作年が法律文書のような書体で記され、この男性が法律家であったことを思わせる。

モデルの表情は「地味で素朴」と表現されるが、物思いにふけり精神世界にむかっているようにも思える。数多くの美術史家は男性の表情に悲哀が見られると見抜き、エルヴィン・パノフスキーはこれは“孤独”から生じるものだと伝えている。

この作品は1857年にロンドンのナショナル・ギャラリーが購入し、常設展示されている。

描かれている男性はブルゴーニュ公フィリップ三世の宮廷画家であったファン・エイクが肖像画を描くには足る、ブルゴーニュ宮廷の重要人物だったと推測されている。

19世紀の美術史家ヒッポリト・フィアンス・ゲヴァルトはギリシャ語で記された”TYΜ.ωΘΕΟC”が、ギリシャ人音楽家であるミレトスのティモテオスであると推測した。パノフスキーもティモテオスという名を持つ、宗教家や軍人のバックグラウンドを持つ人物であると考えたが、いずれも衣服がモデルとは異なるとし、ケヴァルトと同じ結論に至った。パノフスキーはその男性がフィリップ三世の宮廷で高い評価を得た音楽家であると信じていた。

しかし現在の研究者たちは、銘の法律文体から男性は法律顧問官だったのではないかとするものも多い。

《ティモテオスの肖像》の基本情報

  • 制作者:ヤン・ファン・エイク
  • 作品名:ティモテオスの肖像
  • 制作年:1432年-1435年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ナショナルギャラリー
  • 種類:木版に油彩
  • 高さ:33.3cm
  • 横幅:18.9cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部