作品概要

ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ポーラ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ゴッホがアルルに到着したのは1888年2月のことだった。アルルはローマ時代からの歴史のある町であり、多くの遺跡が残されている。ゴッホは光に満ちた南仏を、日本の鮮やかな浮世絵の世界に重ね合わせて、憧れの日本と重ね合わせていた。この町を理想郷とし、光あふれる環境で色彩の効果を探究する日々を過ごしてきた。

ゴッホはパリからやって来たゴーギャンとラマルティーヌ広場に面した「黄色い家」で2ヶ月程共同生活を送ってきたが、2人の間に争いが起こり耳切り事件が起こったことで共同生活を終えることになった。アルルに滞在していた間に制作された作品数は約200点程になる。

本作品はゴッホがアルル到着後まもなく制作されたもので、ヴィゲラ運河のグレーズ橋はアルルの南に位置していた。空と運河の水面の青に対して、土手と橋には黄色が使われ、土手の草や橋上の人、ボート、洗濯をする女達、水面の煌きなどに赤を用いてアクセントをつけている。

他にも橋を描いた作品はあるが、それも含めて作品はゴッホが理想とした浮世絵の色彩や輪郭以上に硬質の定着した世界を示している。アルルの初期に描かれた作品は、ゴッホの束の間の安定を最もよく表している。

《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ポーラ美術館 (日本)
  • 種類:油彩
  • 高さ:46.8cm
  • 横幅:51.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部