作品概要

草むら》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、ポーラ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ゴッホはアルルでゴーギャンと共同生活を送っていたが、後に2人の間に争いが起こり、耳切り事件を起こしてしまう。その後、ゴッホはサン=レミのカトリック精神病院「サン=ポール」に入院し、その間何度か発作を起こしたが、病気が落ち着いているときは作品の制作にあたっていた。

描かれたものは病室の窓から見える風景、病院の近くにあるオリーブ園、糸杉のある風景などである。1889年4月はゴッホが病院の庭で見たと思われる草花を主題とし、数点の作品が制作されている。

その中で、草花の広がる風景のみを描いているが、本作品は自然の対象を非常に接近した視点で捉えて描いている。草の茂みをクローズアップして捉えて描いているため、水平線も奥行きの感覚もなくなっているが、地面に力強く根を張った草の茂みを鮮やかな緑や黄緑を用いて、伸びやかに力強い線条のタッチで描いている。生い茂る葉を一枚一枚丁寧に描き、そこには絵に対する迷いを感じない。本作品が描かれる前はしばらく絵が描けない状態であり、苦しい期間が続いていたが、やっと描けた本作品。自分にあるのは絵だけだと改めて思ったのかもしれない。

奥行きがなく、平面的に描かれているこのような表現にはクロード・モネが描く「睡蓮」の連作に通じる20世紀絵画への接近が見て取れる。

《草むら》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:草むら
  • 制作年:1889年-1889年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ポーラ美術館 (日本)
  • 種類:油彩
  • 高さ:41.5cm
  • 横幅:48.8cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部