作品概要

懺悔するマグダラのマリア》は、画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオによって描かれた作品。制作年は1594年から1594年で、ドーリア・パンフィリ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「懺悔するマグダラのマリア」とは、イタリアバロック式の画家であるカラバッジョによって、16世紀に描かれた作品である。「懺悔するマグダラのマリア」は、現在ローマのドーリア・パンフィリ美術館に展示されている。

「懺悔するマグダラのマリア」には、その名の通り、自らの行いを懺悔するマグダラのマリアが描かれている。ブルネットの髪をしたマリアは、今までの自堕落な生活を振り返って、自分の行いを深く悔いており、その鼻筋には、涙のが一筋流れている。

マリアの横には、彼女が身につけていたであろう数々の装飾品と3/4程残っている飲みさしが捨て置かれており、マリアは小さい椅子に座り、手を前に組み、顔をうなだれている。そのうなだれ方について、磔にされたキリストにそっくりであるといわれている。「

懺悔するマグダラのマリア」は、カラバッジョがジュゼッペ・チェザリと同居していた、1594年から1595年に完成したとされている。カラバッジョは当時、絵のモデルとして売春婦をモデルにすることが多く、「懺悔するマグダラのマリア」においては、売春婦のアンナ・ビアンキーニをモデルにしている(アンナ・ビアンキーニは、この絵以外でもカラバッジョの作品に多数登場する)。

この絵が完成した1594年から1595年、それまで良く描かれていたマグダラのマリアは、「懺悔するマグダラのマリア」とは違うイメージのものが多く、そのほとんどは裸体で描かれていた。しかし、カラバッジョの描いた「懺悔するマグダラのマリア」は、マリアの懺悔する姿から、従来のイメージを壊したとして、賞賛を受けることもあれば、批判を浴びることもあったという。

《懺悔するマグダラのマリア》の基本情報

  • 制作者:ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ
  • 作品名:懺悔するマグダラのマリア
  • 制作年:1594年-1595年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ドーリア・パンフィリ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:122.5cm
  • 横幅:98.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部