作品概要

ダナエ》は、画家のグスタフ・クリムトによって描かれた作品。制作年は1907年から1907年で、個人所蔵に所蔵されている。

『ダナエ』はギリシャ神話に記される、アルゴス王アクリシオスとその妃エウリュディケの娘ダナエが主題となった絵画である。『ダナエ』は、神の愛、恍惚を象徴しており、1900年代初頭、多くの画家たちによって好んで描かれた。

父によってブロンズの塔に幽閉されたダナエのもとを、ここでは全能の神ゼウスが黄金の雨に化け、彼女の両脚の間に忍び込む。彼女の恍惚した表情や手の仕草からも明らかなように、黄金の雫は彼女に快楽を与えている。

本作では、豪華な装飾と高貴な紫のヴェールに包まれダナエは丸まり描かれていることから、彼女が高貴な血統の女性であることが伺える。
初期のダナエの描写はエロティックなものが多く、クリムトは本作のほかに『医学』(Medicine、1900〜1907年)や『No.16』、『水ヘビ』(Water Snakes、1904〜1907年)でも同様の表現方法を用いている。

《ダナエ》の基本情報

  • 制作者:グスタフ・クリムト
  • 作品名:ダナエ
  • 制作年:1907年-1908年
  • 製作国:オーストリア
  • 所蔵:個人所蔵 (オーストリア)
  • 種類:油彩、キャンヴァス
  • 高さ:77cm
  • 横幅:83cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部