作品概要

墓場の少女》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は1823年から1823年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「墓場の少女」(または「墓場の孤児」)は1823年か1824年頃に描かれたフランスのウジェーヌ・ドラクロワの作品である。彼の後の作品である「キオス島の虐殺」の油彩での準備作業と考えられており、にもかかわらず「墓場の少女」はその正確性から傑作と言われている。

作品からは悲哀と恐れの空気が発散され、おずおずと見上げながら悲嘆にくれた少女の目から涙が溢れている。空の薄暗さと見捨てられた大地は少女の憂鬱の表現と共鳴している。型から垂れ下がったドレス、腿に置かれた弱々しい手、うなじにある影、彼女の左部分の暗がり、そして彼女の衣装の冷たく薄い色合い、彼女の表情や様子から伝わるものと着ている衣類は、悲劇と傷つきやすさを想起させる。

まだ見た事のない、まだ知らない光景や恐ろしさや不安の方を少女も見ているかのように、これらはすべて喪失感や手の届かない希望、少女の孤独、何の手助けもない事を強調することに結びつく。

ドラクロワにとって、色彩は彼の作品にとって最も重要な構成要素であった。この美的感覚の鋭い嗜好と信念のために、ドラクロワは古典様式の像の模写を創作する忍耐心をもたなかった。

彼は画家ピーテル・パウル・ルーベンスやヴェネツィア派を崇拝していた。色彩に富んだ色相と作品にする魅惑的な場面の使い方をドラクロワは選んだ。心を揺さぶる他の空間からインスピレーションを引き寄せ、動きと共に光沢をもって豊かに描かれた作品を結果として残した。別の題名は「The Young Orphan Girl in the Cemetery」である。現在、フランスパリのルーブル美術館で公開されている。

《墓場の少女》の基本情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名墓場の少女
  • 制作年1823年-1823年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ルーブル美術館 (フランス)
  • 種類油彩画
  • 高さ66cm
  • 横幅54cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者