作品概要

アルジェの女たち》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は1834年から1834年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「アルジェの女たち」の第一作目は1834年パリで描かれたもので、ルーブル美術館が保有していた。第二作目は一作目から15年後の1847年から1849年にかけて描かれフランス のモンペリエにあるファーブル美術館が保有していた。

どちらの作品も4人の女性が狭い部屋で共にいるという同じ場面が描かれている。似たような設定にも関わらず2つの絵は女性の描写によって全く異なる雰囲気を描き出している。ドラクロワは女性達の衣服や装飾の特徴や室内装飾を、完璧にまたとても詳細に描いている。

これは1832年のアルジェリアでのスケッチによるものだ。オダリスクやハーレムを対象化する表現がないので、女性の描き方とこの絵の題名において、この絵の民族誌学的な描写の試みは学者から称賛を浴びてきた。

ドラクロワのこの作品は、ドミニク・アングルの1814年の作品「グランドオダリスク」や他の芸術家の作品とは違い、東洋の女性を過度に性的に刺激するようなものとは描かれていない。1834年の初期の作品は、女性達と観る側の者との間に隔たりを表しているが、第二作目は女性達の温かく誘う眼差しを通して、その場面へ観る者を招き入れている。

比較してみると、第二作目には視覚的な情報の解釈に、時間と郷愁の影響が見受けられる。「アルジェの女たち」は、ドラクロワの他の東洋画と同じく後の世代の多くの芸術家に影響を与えている。1888年、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホとポール・ゴーギャンはドラクロワの1849年作の「アルジェの女たち」を見る為にモンペリエへ旅行している。作品は、のちの印象派達や1954年のパブロ・ピカソによる15のシリーズ作品と多くのデッサンのインスピレーションの源となった。

《アルジェの女たち》の基本情報

  • 制作者:ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名:アルジェの女たち
  • 制作年:1834年-1834年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ルーブル美術館 (フランス)
  • 種類:油彩
  • 高さ:180cm
  • 横幅:229cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部