作品概要

パドヴァの十字架像》は、画家のジョット・ディ・ボンドーネによって描かれた作品。制作年は1303年から1303年で、エレミターニ博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『パドヴァの十字架像』はイタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネが1303年頃に作成を開始し、1305年頃に完成させたと言われているテンペラ画である。この作品は元々フィレンツェのスクロヴェーニ礼拝堂にて展示されていたが、現在はパドヴァのエレミターニ博物館にて所蔵されている。

『パドヴァの十字架像』が完成したと言われている年は、スクロヴェーニ礼拝堂に飾られているフレスコ画達が描き終えられた時間とほぼ同時期である。元々この作品は礼拝堂の中央に飾られており、イコノスタシスの上方部に置いてあった。現在、エレミターニ博物館に所蔵されている『パドヴァの十字架像』は徹底的な修復を終えた後の状態で展示されている。

ジョットは板の裏表両面を使い、『パドヴァの十字架像』を作成した。絵の額縁は観賞用植物から派生した絵柄によって装飾されており、豪華な仕上がりとなっている。また、キリストの足元には滴る血を浴びたアダムの骸骨が描かれており、これは人間最古の原罪を象徴したものである。十字架に吊るさているキリスト像の左右には、聖母マリアと洗礼者ヨハネの小さな肖像画があり、二人ともキリストの姿を悲しい表情で見つめている。

この作品はジョットの早期の十字架像作品(リミニの十字架像やサンタ・マリア・ノヴェッラの十字架像)と比べ、より自然主義に傾いている。この作品における細部の描写はとても繊細な物であり、ジョットが実際の人体と自然の影響を反映させようとする努力が見られる。

《パドヴァの十字架像》の基本情報

  • 制作者:ジョット・ディ・ボンドーネ
  • 作品名:パドヴァの十字架像
  • 制作年:1303年-1305年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:エレミターニ博物館
  • 種類:テンペラ・板
  • 高さ:223cm
  • 横幅:164cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部