作品概要

ヨアキムの夢》は、画家のジョット・ディ・ボンドーネによって描かれた作品。制作年は1303年から1303年で、スクロヴェーニ礼拝堂に所蔵されている。

『ヨアキムの夢』はイタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネが約1303年から創作し始め、約1305年にて完成させたと言われているフレスコ画作品である。『ヨアキムの夢』は現存するジョットの多くの作品と同じく、イタリアパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂にて所蔵されている。この作品は礼拝堂の円天井に向けながら、右側の壁一番高い場所に飾られている。また、作品の名前から分かるように、『ヨアキムの夢』はヨアキムとアナに関するストーリーの一幕を描いた作品である。

ヨアキムとアナのストーリーはキリスト教の伝統ある物語の一つである。物語に関するインスピレーションはセントジェームスの原福音やマタイの福音書など、キリスト教伝統の書類から起源している。ビザンチン時代のキリスト教徒達はストーリーに関する人物に豊満なキャラクターを与え、書籍や絵画作品などに反映させていた。ジョットは自分の作品『ヨアキムの夢』を創作するにおいて、人物に対する伝統的なビザンチン式の解釈や規則をきちんと守っている。しかし、この画期的な芸術家は自分なりの新しい感性も作品に加えている。

ジョットは作品の細部まで注意を払い、人物や風景などをとても丁寧に描いている。絵の左端に立っている助手牧師達の衣装にはきちんと影や折り目が描かれており、手にもつスティックによって乱された牧師の服にもきちんと折り目が表現されている。また、実際の風景と同様に、背景に描かれている山や岩にもきちんと低木が生えているのである。

《ヨアキムの夢》の基本情報

  • 制作者:ジョット・ディ・ボンドーネ
  • 作品名:ヨアキムの夢
  • 制作年:1303年-1305年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:スクロヴェーニ礼拝堂
  • 種類:フレスコ画
  • 高さ:185cm
  • 横幅:200cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部