作品概要

アトリエ舟で描くモネ》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1874年から1874年で、ノイエ・ピナコテークに所蔵されている。

クロード・モネは、1874年アルジャントゥイユに住んでおり、このボートは早朝にセーヌ川の上で絵を制作する際に使用していたものである。この作品は、手早く描かれ、ボートの側面にマネのサインがある。そのサインが美術史家にある疑問を投げかけた。

マネとモネのどちらが先に印象派として、すなわち白昼に屋外で絵を描いたのかという問いである。その答えは、おそらく、1865年から1866年に『草上の昼食』を描いたモネである。

マネは最初に木の枝の間で光を遊ばせ日光の斑紋で人物の輪郭を描いた画家である。マネはアルジャントゥイユに滞在中、妻と一緒にいるボートの上の友人を描き始めた。しかし、長時間のポージングを強いることになり途中で制作を諦めている。だがこの未完の状態であっても、マネが友人と過ごした明るい夏の雰囲気がこの作品には現れている。

モネは自前の浮かぶアトリエで絵を描く一方で経済的に困っており、友人に金の工面を頼まざるを得なかった。「まだ小銭がなくなってしまった」と、ある日は50フランまた別の日には20フランと、マネに借金を頼んだ。「役人につかまってしまって、その役人が厄介なんだ。彼は昼間まで待つと言っている」と言うモネにマネは寛大だった。

マネは元来寛大な人であった。アントニン・プルーストによれば、自分のアトリエの中の一番いい光が当たるところに友人たちの絵画を置いていた。そして、自分の作品ではなく、それらの絵の買い手が決まらないかと心配していたと言う。モネの絵もその恩恵を受けていた。マネはボート上のモネを描き、この作品をアトリエのマネと呼び、取り分け気に入っていた。

《アトリエ舟で描くモネ》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:アトリエ舟で描くモネ
  • 制作年:1874年-1874年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ノイエ・ピナコテーク
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:50cm
  • 横幅:64cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部