作品概要

舟遊び》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1874年から1874年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

1874年夏にパリ北西部の郊外都市、ジュヌヴィリエで制作されたこの絵画は、マネが『コンサバトリーで』を出品した1879年のサロンまで発表されなかった。モデルの男性は『アルジャントュイユ』と同じ人物である。おそらくマネの義弟のルドルフ・レーンホフである。

女性は『アルジャントゥイユ近くのセーヌ川』のモデルと同じ帽子をかぶっているので、モネの妻カミーユ・モネであろう。この作品は、現代生活の一場面を誇張することなく描いている。大胆に切られた構成は、帆の限られた部分のみ見せている。

そして、この絵を見る側はボートを見下ろすことになり、この視角が地平線を取り払い、この絵の空間を正確に把握することを不可能にしている。これにより、含蓄された奥行きと強調された二次元性の間で対立する要素の相互作用バランスが作り出されている。マネは縞模様のドレスを描く際、薄手の生地のゆらめきを作り出すために変則的な筆触分割を用いた。

しかし、印象派の画家たちとは異なり、マネはこの技法を色を修正しながら日光の効果を表現するために使ったのではない。男性の輪郭は鮮やかなブルーの水面を背景に精密に描かれている。また、彼の白い服は、わずかな灰色のストロークで影が表現されているのみである。この絵は典型的な印象派の題材であるセーヌ川の舟遊びと日本の版画にしばしば使われた技術を組み合わせている。

ユイスマンは、サロンの批評で、このボートはある種の日本の版画のようにフレームで切り取られている。またボート上のカップルのマネによる直接の観察と、他の絵画を思い起こさせる構想の趣向を組み合わせるはマネの作品へのアプローチの特徴だとしている。

《舟遊び》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:舟遊び
  • 制作年:1874年-1874年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:97.1cm
  • 横幅:130.2cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部