作品概要

ライオンハンター》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1881年から1881年で、サンパウロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この大きな肖像画 『ライオンハンター』は、マネの死の約2年前の1881年に制作された。生涯を通してパリの審査員会から良い評価を受けようと努力してきたマネは、この作品でようやく待望のメダルとともにその栄誉を手に入れることができた。

マネにより永久性を与えられたウジェーヌ・ペルチュイセは非常に風変わりな人物で、多くの作家の想像力を刺激した。彼は2008年にはオリヴィエ・ロリンの小説の主人公となった。この作品では、ペルチュイセとマネの友情に多くの韻文が捧げられている。

ペルチュイセは、世界中を旅行する大旅行家で発明家であった。アフリカと南アメリカへの探険旅行中に猛獣狩りを楽しんだ彼は、パリのサロンでそのことを自慢した。彼はマネのファンで私蔵の中にはマネの作品が何点か含まれている。マネは1877年にすでに、肖像画の制作のためペルチュイセを自分のアトリエに招いている。3年後ペルチュイセは同じ誘いを受けた。

マネの庭で描かれたこの作品のモデルは、その名を永久に伝えることになったが、その庭に倒れている大きなライオンの姿が滑稽である。皮肉な観衆の笑いは、タンザニアの高原よりもシュヴァルツヴァルトで頻繁に見かける狩猟用の服装や、とりわけ異彩のこのフランス人が被っているチロリアンハットに向けられた。また木の幹にあるマネのサインも、樹皮に彫られた恋人たちのイニシャルを想起させ冷笑された。

ペルチュイセは自分の冒険談から世界の終わりの時の文明など様々な話を人々に語り楽しませるパリの有名人であった。マネと同世代の人々は、例えばその中にはルノワールが含まれるが、マネは意図的にモデルのおもしろさをこの絵で表現したと主張している。

《ライオンハンター》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:ライオンハンター
  • 制作年:1881年-1881年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:サンパウロ美術館
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:150cm
  • 横幅:170cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部