作品概要

自殺》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1877年から1877年で、ビュールレ・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『自殺』は、1877年から1881年にかけて描かれた小さな油絵である。美術史家がマネの絵画の変遷の中で、この絵の位置付けに苦労したかのようにマネの全作品の中でもこの絵の研究はほとんどされていない。この絵が見せるものは、つい先ほど自分を銃で撃った男と数点の家具に限定されている。男は銃を持ったままベットに仰向けになっている。

マネはこれまで描かれてきた自殺の描写の付属品を取り払い、説話や道徳的傾向を排除した。ウルリケ・イルクは2002年に、この絵をギュスターヴ・クールベの写実主義と結びつけて考えている。そして、クールベもまた彼の作品『オルナンの埋葬』で死を描き、のちにクールベはこの作品を新しい芸術的アプローチの始まりとほのめかしたと特筆した。

『自殺』の写実主義的な描写は、実際の自殺を描いたのではないかという推測をあおった。しかし、この絵の題材については何も知られていない。この推測は、10年以上前にマネのアトリエで自殺を図ったマネのアシスタントに関わっているとされている。

他にこの絵と関わりがあるとされるのは、1866年にエミール・ゾラが書いた芸術家の自殺である。しかし最近の評論はこれらの関連性を控えめに扱っている。マネのこの作品は、歴史画のジャンルでしか自殺を取り扱えない伝統を壊すという彼の継続的な欲求を象徴している。歴史画において死と自殺は、犠牲や理想主義、英雄的行為に関係した説話の中だけに位置づけられている。

フランスの新古典主義の画家、ジャック=ルイ・ダヴィッドの『ソクラテスの死』で描かれた、国外追放より毒薬自殺を選んだソクラテスは、その一例である。マネの絵には、そのような崇高な供述は潜んでいない。マネは、時も場所も主人公も明らかにしていない。この絵は慎重にデザインされたのではなく、簡単に構成されている。当時、この伝統からの離脱は議論の的であったであろう。

《自殺》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:自殺
  • 制作年:1877年-1881年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ビュールレ・コレクション
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:38cm
  • 横幅:46cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部