作品概要

アルジャントュイユ》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1874年から1874年で、トゥルネー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

産業化が余暇と地方への日帰り旅行という新しい概念を生み出した。鉄道が作られたことで、セーヌ川沿いの小さな村々は列車で気軽に行ける場所になった。モネ、ルノワール、ピカソも列車ですぐに行くことができるパリの北西にある小さな街、アルジャントュイユを描いている。

マネは1870年代にアルジャントュイユを訪れた。この作品は、1875年にサロンに出品されたマネのただ一つの作品であるが、批評家や観衆から酷評を受け、風刺画まで描かれた。その評価は、平面が強調された二次元の画面構成によるものが多い。『鉄道』と同じように、人物が非常に画面に近く配置されている。そして様々なものが、画面の前景と背景を結びつけるために使われている。それゆえにこの絵の二次元性は強調されている。

例えば、斜めに描かれたバウスプリットが青い帯状に描かれたセーヌ川をまたいで前景と背景を結びつけている一方で、カンヴァスの左側のマストは、同じ空間の平面上の違う場所に結びついている。また、男の腕とズボンには、中間の明度の色を使わずに明るい色調と暗い色調だけが使われている。ボートの中の垂れ下がるロープなど、詳細を描かずにまわりに溶け込ませて曖昧なままにしている部分もある。おそらく隣に座る男性からもらったであろう花束を持ち、縞模様のドレスに黒い麦わら帽子のこの若い女性は、超然とした態度で、彼女の日傘を持ち、彼女の方に体を傾けた男性を無視しているかのようだ。

それは、マネの他の作品に描かれる女性たちの特徴でもある。男性のモデルは後にマネの義弟になるルドルフ・レーンホフであると言われている。マネはモデルのボディーランゲージとそれぞれの洋服の縞模様で彼らの関係性を強調している。この作品を制作する際、マネのパレットは黒や灰色から青と白とより明るい色に変わり、印象主義者たちの影響が見受けられる。マネと印象派の画家たちの根本的な違いは、マネが今だに室内で絵を描いており、絵のモデルが彼のアトリエで実際にポーズをとっていることである。

《アルジャントュイユ》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:アルジャントュイユ
  • 制作年:1874年-1874年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:トゥルネー美術館
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:149cm
  • 横幅:115cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部