作品概要

秋(メリー・ローラン)》は、画家のエドゥアール・マネによって描かれた作品。制作年は1881年から1881年で、ナンシー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1879年の秋、マネはパリ市庁舎の装飾計画を立てた。小説家プルーストは、マネの「フランスのワインに例えれば、バーガンディーのワインをブルネットと表し、ボルドーワインを栗色の髪の女性、シャンパンはブロンドというようなアレゴリーがまずは何より必要だ。」という言葉を記憶している。

この計画は実現されなかったが、1881年には、この作品と『春(ジャンヌ)』を四季を女性像で表すシリーズの一部として完成させた。

『春』のモデルは、若い女優のジャンヌ・ドマルシーで、マネが直接選んだファッショナブルで春らしい洋服と帽子を身につけた姿でツツジを背景に描かれ、1882年のサロンで少なからぬ高評価を受けた。ベルギー人画家でマネの友人であったアルフレッド・スティーブンスは、ベルギーの王から注文を受けて、1876年にそれぞれの四季を表す女性の絵を描いており、マネのこの作品の先例となった。

メリー・ローランは1849年フランス北部のナンシーに生まれた。15歳で食料雑貨商と結婚するも、数ヶ月で夫の元を離れて劇団に参加する。そこでナポレオン三世とその朝廷の歯科医をしていたアメリカ人医師トーマス・エヴァンスの目に留まり、経済的支援を受けた。

この絵のメリーは、菊の花をあしらった壁を背景に毛皮に包まれており、栗色の髪ときめ細かい肌を引き立たせている。マネは、この新しい種類のアレゴリーに伝統的特質を持ち込まなかった。マネは当時若い画家であったジョルジュ・ジャンニオに「芸術において簡潔であることが、重要だ」と言っている。

《秋(メリー・ローラン)》の基本情報

  • 制作者:エドゥアール・マネ
  • 作品名:秋(メリー・ローラン)
  • 制作年:1881年-1881年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ナンシー美術館
  • 種類:油彩 カンヴァス
  • 高さ:73cm
  • 横幅:51cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部