作品概要

ひまわり(15本)》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ロンドン・ナショナルギャラリーに所蔵されている。

ひまわりの中の最高傑作

ゴッホはいくつか「ひまわり」を描いてきたが、いくつかは焼失したとされている。本作品はその中でも最高傑作と言われている。ゴッホ自身も好んでいた《ひまわり(12本)》をもとに制作したとされる。

背景も含めて全体的に鮮やかな黄色で描かれており、それはゴッホが誘った画家達と共同生活をする為にアルルで借りた「黄色の家」を表しているという。

また画中のひまわりの数は、ゴッホがアルルの家に呼ぶ予定だった画家の人数とゴーギャン、弟のテオドルスを表していると言われている。

ゴッホはアルルで多くの画家達と画業に専念し、その中で生まれた画家達の作品をテオドルスが販売するというスタイルを取りたかったのかもしれない。

彫刻のような立体感

作品は全体的に絵具で厚く塗り重ねられており、そうすることでひまわりの強い生命力とたくましいボリューム感が表現され、まるで彫刻のような立体感が出ている。

ゴッホは生き急ぐかのように2日1?2枚のペースで作品を描き続けてきた。そんな魂のこもった作品で注目すべき点としては作品の中心部分であり、限界を超えて身を滅ぼそうとせんばかりのひまわりの中に、左側には力尽きて枯れたひまわりが描かれている。

大量のアルコールとカフェイン

ゴッホはこのひまわりに関して、「このひまわりの黄色を再現するには、大量のアルコールとカフェインで極限にまで感性を高める必要がある」と述べている。

《ひまわり(15本)》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ひまわり(15本)
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ロンドン・ナショナルギャラリー (イギリス)
  • 種類:油彩
  • 高さ:92cm
  • 横幅:72.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部