作品概要

ポーランドにおける文明化の歴史》は、画家のヤン・マテイコによって描かれた作品。制作年は1889年から1889年で、ワルシャワ王宮に所蔵されている。

「ポーランドにおける文明化の歴史」とは、1889年にボーランド人画家ヤン・マテイコが創作した12枚のスケッチ作品群に解説が添えられているものである。これらの作品群はワルシャワ王宮に収められている。

マテイコは、自らの研究者としての新たな地位であるヤギェウォ大学から授与された名誉哲学博士号の学位を正当化するために作品群に解説を添えて創作した。作品群の虚構性の多くはマテイコが1877年から1878年の間に受講した歴史家JózefSzujskiの講義または講義後の書面を読んで刺激を受けたものである。

「ポーランドにおける文明化の歴史」作品群は、1889年1月13日から2月7日の間に描かれた「ポーランドキリスト教の序章965年」から始まる。

当初、「ミェチスワフ王(19世紀の歴史家によってミェシュコ王に与えられた名前)の洗礼」と名付けられたが、最終的にマテイコは965年に起こったチェコのドブラーバ王女の到着に象徴されるポーランドの西洋化が始まる側面も同時に描くことを決めた。それゆえ、965年以降の作品のタイトルには日付がある。作品の作成はミェシュコ王国の主要な防衛地域かつ行政上の中心であるヴィエルコポルスカ県にあるレドニツキ島に近いレドニツァ湖の湖畔で行われた。森の端に係留されたボートは、キリスト教の信仰を伝える使命がポーランド全体の地域に実現されることを示していた。

 作品中の最も重要な人物はミェシュコ?世公である。十字架に寄りかかり自らの権力を象徴するために右手に剣を携えている。彼の左足の下には壊れた異教徒の神像が横たわっている。左側には輝きを放つ聖アルバートが司教の祭服を身にまといミェシュコ?世公の兄弟たちを洗礼し、国全体の洗礼主義を象徴づけている。聖アルバートを作品中の主要な人物像として登場させることにより、マテイコは未来のポーランドのパトロンは同時に儀式に参加する司祭であることを示した。この歴史的誤りは芸術家にチェコ王国との連携の重要性を強調するものとなった。

実際、966年には聖アルバート(Wojciech Sławnikowic)はその時点でプラハの司祭ではなく、彼がポーランドに到着したのは977年だけだった。なおかつ、灯りの付いたロウソクを手にしたドブラーバ王女に跪くよりも、彼女の将来の夫によりもたらされる新たな信仰への光を作品中に一層際だたせているのである。

《ポーランドにおける文明化の歴史》の基本情報

  • 制作者:ヤン・マテイコ
  • 作品名:ポーランドにおける文明化の歴史
  • 制作年:1889年-1889年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ワルシャワ王宮
  • 種類:油絵
  • 高さ:N/Acm
  • 横幅:N/Acm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部