作品概要

プロイセンの臣従》は、画家のヤン・マテイコによって描かれた作品。制作年は1879年から1879年で、織物会館(スキェンニツェ)に所蔵されている。

主題

この絵は「プロイセンの臣従」と呼ばれる、プロイセン公アルブレヒトがジギスムント1世を称え、従属を誓った、ポーランドにおけるルネッサンス時代における重要な政治的事件を描いたものである。マテイコは、本当はその事件に立ち会わなかった何人かの人々も描きながら、ポーランドのルネッサンス時代における30以上の重要な事物を描いた。この作品は、ポーランドの過去、文化、そして王様たちの下にこの出来事を称えるものである。

それと同時に、18世紀後半のポーランドに降りかかった受難の時期を反映するような暗いトーンを含んでいるのは、ポーランドの独立を終焉させた分割をもたらした勢力のひとつとなるプロイセン王国のためである。

この作品は、一部の人々には、認知されたポーランドの裏切りを予告する、反プロイセン作品として受け止められた。他の人々は、この勝利したかに見えた瞬間が、恐ろしく、無駄な勝利であったことを意味するサインをマテイコが含めたように、この作品が同時にポーランドを批判するものであることを指摘した。

マテイコは彼が愛した、もはや独立を失ってしまった国の歴史と、歴史の変わりゆく運命を人々に思い出させるために作品を描かれ、彼の傑作の1つに数えられる。

来歴

マテイコは、1882年10月7日にリヴィヴにおいて行われた、ヴァヴェル城の改築を再びよみがえらせるために策定された収集を開始するためのガリシア国会の会議の間に、ポーランド国へ、この作品を寄付した。この絵は、クラコフ、リヴィヴ、ワルシャワ、ベルリン、パリ、ブダペスト、有名なところではローマやウィーンにて続けて展示された。

1885年にクラコフに戻されたときには、クラコフはオーストリア領ポーランドの一部となっており、ヴァヴェル城はオーストリア軍に占拠されていたため、一時的に織物会館に展示された。第二次世界大戦時には、ナチスがポーランドを占領し、ポーランドの文化的な美術品を全て破壊しようとした。

この作品は、マテイコの他の作品である『グルンヴァルトの戦い』とともに最重要収集品リストに載っていたが、幸いにもザモスクの街に隠され、無事であった。20世紀のほとんどと21世紀の初めには、クラコフの織物会館の中にある国立博物館のギャラリーにかけられた。直近では2008年に作品の改修が行われている。

《プロイセンの臣従》の基本情報

  • 制作者:ヤン・マテイコ
  • 作品名:プロイセンの臣従
  • 制作年:1879年-1882年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:織物会館(スキェンニツェ)
  • 種類:油絵
  • 高さ:388cm
  • 横幅:785cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部