作品概要

1791年5月3日の憲法》は、画家のヤン・マテイコによって描かれた作品。制作年は1891年から1891年で、ワルシャワの王城に所蔵されている。

「1791年5月3日の憲法」は、ポーランド人の画家、ヤン・マテイコによって1891年に制作された、ロマンス主義の油絵である。この作品は大作で、マテイコの代表作の一つである。1791年5月3日にポーランドで憲法が制定されたことを記念するものである。

この憲法の制定は、ポーランド・リトアニア共和国の歴史における重要な節目であり、ポーランドでの啓蒙運動の最高点である。他のマテイコの作品と同様に、この作品には、ポーランド最後の王、スタニスワフ・アウグスト・ポキャトフスキや、歴代のポーランド下院議長達、スタニスワフ・マワコフスキとカジミェシュ・ネストル・サピェハや、憲法の共著者達、ヒューゴ・コワタイとイグナツィ・ポトツキや、タデウシュ・コシチュシュコなどの当時の時の人を含む、数多くの歴史的登場人物で賑わいを見せる壮大なシーンを描いている。

現代の歴史研究家達によって、20人以上の個人が特定されており、それ以前の研究によって、10人以上の個人が特定されている。この作品の制作期間は、1891年1月から10月までである。憲法制定100周年を記念した作品である。1893年11月に亡くなったマテイコの、晩年の作品となった。

1920年までは、この作品はルヴーフ(現在リヴィフ、ウクライナ)にて展示されており、その後はクラクフに移動された。第二次世界大戦中、この作品は隠されており、その後現在あるワルシャワの王城へと移された。

《1791年5月3日の憲法》の基本情報

  • 制作者:ヤン・マテイコ
  • 作品名:1791年5月3日の憲法
  • 制作年:1891年-1891年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ワルシャワの王城
  • 種類:油絵
  • 高さ:247cm
  • 横幅:446cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部