作品概要

ジグムントの鐘》は、画家のヤン・マテイコによって描かれた作品。制作年は1874年から1874年で、ワルシャワ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ジグムントの鐘は1521年、群衆がクラクフの大聖堂の塔で、ジグムントの鐘を掛けようとしている場面を描いた作品である。

ヤン・マテイコによって描かれた作品で、1874年に完成している。掛けられた鐘は、1521年7月13日に初めて鳴った。その鐘はポーランド国家の象徴の1つにになるものと考えられている。この作品は、マテイコによって描かれた多くの歴史的な作品の1つであり、多くの群衆が歴史的重要度を示しており、ルネッサンスの黄金時代のポーランド王国の権力の偉大さを物語っている。      

作品には幾つかの代替名がある。ジグムントの鐘の高まり、王ジグムントの鐘、ジグムントの鐘などだ。他に、ミエチスワフによってジグムントの鐘の奉献というタイトルが提案された。 作品は油絵で、大きさ94cm×189cmである。 彼が作品を描いている間、群衆がベルを移動する為に使用された足場の模写を作成してもらう為、職人に委託した。現実的な作品を完成させる為、足場になったとされる場所を決め、作品を仕上げた。 

この作品には多くの逸話がある。マテイコは彼の家族をモデルとして起用し、その家族の殆どが作品に存在している。作品は同時代の人達に好印象で受け入れられ、1875年にはポルスキでスタニスワフが非常に高い評価を公表した。作品は1875年パリで展示されアカデミーフランチャイズが彼の評価をさらに広めた。3年後、1878年万国博覧会の開催中に、再び展示され、ウニアとルブリンが彼に名誉黄金勲章を授与した。 作品はワルシャワ国際美術館の収蔵物である。

《ジグムントの鐘》の基本情報

  • 制作者:ヤン・マテイコ
  • 作品名:ジグムントの鐘
  • 制作年:1874年-1874年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ワルシャワ国立美術館
  • 種類:油絵
  • 高さ:94cm
  • 横幅:189cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部