作品概要

モーリス・ジョワイヤン》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

モーリス・ジョワイヤンは、ロートレックの最も良き友人であり、彼の芸術の擁護者でもあった人物です。

1890年、ゴッホの弟テオの跡を継いでパリのブッソ=ヴァラドン画廊(旧グーピル画廊)の支配人となったジョワイヤンは、画商としてロートレックの活動を支えました。

晩年アルコールによって心身ともに蝕まれたロートレックに再び芸術への熱意をもたらしたのは、従兄弟のガブリエル・タピエ・ド・セレイランや友人たち、そして誰よりもモーリス・ジョワイヤンでした。

この作品は、二人が他の友人とともにクロトワの海を訪れ鴨狩りをした時の様子を描いた作品です。体が弱って長時間の制作に耐えられなかったロートレックのために、ジョワイヤンが何度も繰り返しポーズを取り、習作素描を重ねて仕上げられた肖像画は、二人の深い友情を物語っています。

《モーリス・ジョワイヤン》の基本情報

  • 制作者:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
  • 作品名:モーリス・ジョワイヤン
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部